はじめに

第88回アカデミー賞 作品賞、主演男優賞ほか7部門でノミネート!

70億人が彼の生還を待っている!!

公開日:日本 2016年2月5日

監督:リドリー・スコット

主演:マット・デイモン

原作:アンディ・ウィアーの『火星の人』

出典:osusumeeigakansouhyouka.xyz
出典:osusumeeigakansouhyouka.xyz

 

火星に一人置き去りになってしまった宇宙飛行士マーク・ワトニー

70億人から見捨てられた彼は、

どのように生き、どのように助けを呼び、どのように生還したのか。

予告動画

あらすじ

宇宙飛行士のマーク・ワトニーは、火星での探査任務をしていた。

しかし、火星での任務中に大砂嵐に襲われてしまう。

全てのミッションの放棄命令が下る。

そこで、突如クルーは火星からの退避を決めてロケットへ向かうが、
マークに折れたアンテナが直撃してしまう。

マークは誰もが死んだと思った…

 


スポンサードリンク

感想・まとめ

本作はある程度のヒットが見込める生還物語である。

しかし、今のハリウッド映画もヒットが予測できないと予算が落ちないのだろう。

近年の「ジュラシックワールド」や「スターウォーズ」もそうだ。

そして、今のハリウッド映画は中国市場をターゲットにしていると聞いたが….

NASAによる支援が実現不可能になった際、中国国家航天局から助けが提供されるという描写。

全く必要のないシーンだった。
映像の差し込み方が、さすがに無理やりすぎるよ。笑

予算の話は置いといて内容はどうなの??

まず、圧巻なのが映像の鮮明さだ。本当に火星にいると思えてしまう。

↓↓この鮮明の映像を見るだけでも映画館に行く価値がある。↓↓

スクリーンショット 2016-04-18 5.01.03

当初、私は宇宙飛行士の憔悴仕切った絶望からの脱出劇だと思っていた。

しかし、内容は意外とポップだ。

クルーの糞尿を肥料にして、ジャガイモを作るシーンは面白い。

また、NASAの全面協力によって成された、映画のリアリティ

スクリーンショット 2016-04-18 5.12.09

科学的なことに興味がない方でも、自然と映画の世界に入り込んでいける。

こういう映画の世界がきっかけで、宇宙への探究心を芽生えて欲しいものである。

ぜひ3D映像で!!