はじめに

山に取り憑かれた男たちの物語!!

公開日:日本 2016年3月12日

監督:平山秀幸

主演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子

原作:夢枕 獏の『神々の山巓』

 

imgres

かつて、ジョージ・マロニーは記者に
『なぜ山に登るか?』と聞かれ『そこに山があるからと答えた』(誤訳なのだが…)

(原文:Why did you want to climb Mount Everest? Because it’s there.)

なぜ、命懸けで人は山に登るのか。

私は正直理解することができない。

しかし、人類が住んではいけない領域に自分が生きた足跡を残したいという気持ちは分かる。

山に取り憑かれた天才クライマー羽生と山岳カメラマン深町との関係は言葉で説明することが出来ない。

唯一言えるのは、に立った者にしか感じれない世界があるのだろう。

予告動画

あらすじ

本映画の舞台は1993年のネパールが舞台。

エベレスト登山隊に同行していた山岳カメラマン深町は、
2人の登山隊メンバーの滑落事故を目撃する。

その事故を無心でシャッターに収める野心家の深町。

結局、遠征は中止になったしまう。

時間ができた深町は、
あてどなくカトマンズの街をぶらぶらしていた。

その最中に古道具屋で見つけたのが、
ジョージ・マロニーがかつて持ってた物とされるカメラだった。

深町はそのカメラを即購入しようとするが、
盗まれた品だと判明。

そこで会ったのが、かつてヒマラヤ遠征で問題を起こし姿を消した、
孤高の天才クライマー羽生丈二であった。

一時帰国した深町は、羽生丈二のことを調べる。

羽生丈二は、エベレストの最難関ルートである南西壁の、
冬季単独登頂を計画してる事を知る。

深町は羽生に同行し、
懸命に羽生の姿をカメラに収めるが…

 


スポンサードリンク

感想・まとめ

結末から話すと、天才クライマー羽生丈二は
ジョージ・マロニーが亡くなっていた場所で同じように亡くなってしまう。

深町は羽生の思いを汲み取り、エベレスト登頂を果たす。

羽生だけでなく、マロニーの代わりに俺が頂に立つ
という気持ちが伝わってきた。

この映画で印象的だったのは、羽生が死んだ場所に
マロニーの物と思われるフィルムがあった。

しかし、あれほど野心家だった深町は、
もはやマロニーが登頂したかはどーでもいいと言う。

山に取り憑かれてしまったのだ。

決して後味の良い映画ではなかった。

私には決して理解することができない何かがあるのだろう。