はじめに

青春映画の真骨頂!!ついに映画化。

公開日:日本 2016年3月19日

監督:小泉徳宏

主演:広瀬すず、野村周平、真剣佑

原作:末次由紀『ちはやふる』

imgres

百人一首ブームの火付け役。

中学生の時に授業で百人一首をしたが、
まさかこんなに熱く・激しいスポーツだったとは。

友情・恋愛・情熱

すべてが詰まった青春映画!!

予告動画

あらすじ

小学校の頃。

千早・太一・新は同じ競技カルタのチームだった。

ある日、新は転校することに。

そこで交わされたのが、
カルタを続けていればきっとまた会えるよという約束事

時が経ち、高校一年生になった千早はカルタ部を作ることに。

しかし、部活創設には5人のメンバーが必要。

千早が誘ったのは、
・幼馴染の太一(千早のことが好き)
・呉服屋の大江奏(古典オタク・太一の千早への思いに気づき背中を押す)
・肉まんくんこと西田優征。(小学校の時に千早とカルタで対戦している)
・机くんの駒野(出来るのは勉強。机にしかクラスに居場所がない)

この5人のメンバーで都大会優勝を目指す。

スクリーンショット 2016-04-19 2.52.28
出典:http://next.spotlight-media.jp/

スポンサードリンク

感想・まとめ

青春映画である以上、恋愛が付き物。

千早のほとばしる程の純粋なカルタへの思い。

太一の気持ちに全く気づかない辺りが好きだった。

そして、やっぱりこの名言!!

予告編にもあるが、太一が新に対して語った一言。

青春全部かけたって俺はあいつに勝てないって。』

『賭けてから言いなさい。』

何かに無我夢中で打ち込む姿に胸を打たれる。

ここまで打ち込める物に出会えることが素晴らしいよ。本当に。

原作は少女漫画だが、恋愛に焦点を当てているわけではない。

男性でも観れるスポ根的な要素がある。

演者に競技カルタの動きを染み込ませ、躍動感溢れる演出に成っているからだ!!

また、原作に似てるキャスト人にも注目。

木梨浩 役の人なんて正直似過ぎていると思った。

下の句(4月29日)が楽しみすぎる。

おまけ

『ちはやふる』の第一弾チラシとコミック2巻の表紙が同じ。

145070555515635171180 51MFRgFl3VL