本書はプロブロガーのイケダハヤトさんが、

ブログで月500万円稼げるようになるまでの記録である。

 

はじめに記述しておくが、

本書はいかに効率良く稼ぐかは教えてくれない。

 

イケダハヤトさんの毎日1万字を書く

という驚異的な技術によって、結果が成り立っている。

 

そして、月500万円を稼ぐという数字は、

ブログ運営だけでなしえた数字ではない

 

目次:

はじめに

第1章:『ブログで稼ぐ』を始めよう。

第2章:長い長い停滞期

第3章:夜明けぜよ!

第4章:ブレークスルー

まとめコラム:月商500万円までメディアを育ててわかった『ブログで稼ぐ』上で大切なこと。

1. 影響力こそ、至上の価値。

2 . スピードとタイミング。

3 . 海外に学べ。

4 . 同じように、つくるな、売るな。

5 . 生産量がものをいう。

6 . 歴史をつくる。

 

本書の内容

本書の構成は、当時のイケハヤさんが書いた記事に、

今のイケハヤさんが感想を追記する構成となっている。

 

イケハヤさんの売上報告を永遠と目にするので、

比較していると鬱になるだけ。

 

しかし、毎日1万文字かければ誰でもこのぐらいは行くと思う。

書ければね…

 

2012年3月まで、3年程広告を張らずに運営していたブログ。

2012年4月にアフィリエイト広告を貼る。

 

私が驚いたのは、本書に今月はかなり書いた(多分60本)ぐらいとあるのだ。

今のイケハヤさんなら、150〜300記事は書けると思うので、

週間の驚くべき凄さを感じた。

 

2012年4月:PV14万、UU7万、収益4万円

 

同じ月:PV47万、UU13万、収益12万

月150本ベースで記述。

 

3年ブログ運営をしていたという習慣とファンが多少いたので、

この数字の飛躍が一気に進んだと思う。

 

そして、圧倒的な記述量。

月150本、毎日5記事。

この時点でもうね、毎日ブログ更新というレベルで生きてないね。

 

このまま、2012年5月で収益20万円達成。

 

この後も毎月150〜300記事ペースです。

さすがプロブロガー。

 

2012年5月 〜 2012年10月  約収益20万円   主な収益源:Google adsence , アフィリエイト

2012年12月 〜 2015年2月まで 約収益 30 〜 100万 主な収益源:Google adsence , アフィリエイト(注力)

2015年3月 〜 2016年1月まで 約収益100 〜 270万 主な収益源: オンラインサロン(注力) , Google adsence , アフィリエイト

2015年2月 約収益521万円 主な収益源:note(注力) , オンラインサロン , Google adsence , アフィリエイト

 


スポンサードリンク

本書を読んだ感想

 

有料メルマガ・紙の本の出版は、やめたほうがいいらしい

何度も、何度も、オンライン・サロンをやらないことを後悔している。笑

利益率が悪く、時間の無駄だそう。

 

一方、サロンはAdsence や アフィリエイトよりも月次収入が安定する。

noteも有料メルマガと違い、記事の切り売りなので、

ユーザーが買いやすい。

 

収益を分散させることは、当たり前だからな。

 

本書を読んで特に感じたのは、ブログの可能性だ。

 

よく『今からブログを始めて稼げますか?』的なことを言う人が、

大事なのはそこじゃないと思う。

 

メディア運営だ。つまり、個人の影響力の拡張だ

 

ブログというメディアを軸に、様々な活動を結びつけることができる。

 

そして、時代は追い風だと思う。

 

なぜなら、物に対しての付加価値が中々生まれない時代だからである。

そのため、これから個人によるコンテンツの生産は十分稼げると思う。

(これだけ、凡事徹底できればだけど…)

 

おまけ

今ならKindleがあれば、『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録』

が無料で読めますよ。

 

Kindleを持っている自分は無料で読んでます。笑

s_スクリーンショット 2016-05-07 16.36.31 IMG_2715

 

ブログの可能性にかけて、徹底してメディアの強化に励める人は一読の価値あり。

 

個人の影響力の最大化は、とても必要な能力だと感じることができる。

多分、同じようなコンテンツを生み出せる人はたくさんいる。

 

なぜ、その人から聞いた・得た情報を信じるのか?

 

 

それは、その人・そのブログ運営者の信用度です。

 

私が使っているお勧めのKindle Paper White