スクリーンショット 2016-06-10 17.46.10はじめに

バックパック一つに、すべての持ち物を収めたいという自分の願望を叶えたいと思いました。

ネックとなるのは服ですが、その思いは置いておきます。笑

 

そこで、バックパックを購入しました。

 

私はバックパックを選ぶときに、以下の3つを意識して選びました。

・機能性

・デザイン性

・容量 (たくさん入るが、リュック自体はあまり大きくない)

 

そんな願望を全て満たしたバックを見つけてしまいました。

もともとバックパッカーだった人たちが、Kickstarterというサービスで資金を調達して作りました。

そのバックの名は『The Minaal Daily and Carry-on 2.0』です。

 

Kickstarterとは

kickstarterとは、クラウドファンディングというサービスを行うwebサイトです。

じゃあ『クラウドファンディングって何だよ!!』と思った方もいると思います。

 

クラウドファンディングとは、群衆を意味するcrowdと資金調達を意味するfundingを組み合わせた造語です。

つまり企画提案者に、ネットを通じて不特定多数の人が資金を提供するという仕組み。

 

資金提供者は、以下の3つのリターンに区別される。

・『購入型』:企画提案者の何らかの権利や物品を購入することができる。

・『寄付型』:金銭的なリターンがない。

・『投資型』:金銭的なリターンがある。

 

実際にサイトを見てもらった方がいいので、リンクを貼っておきます。

 

海外の主なクラウドファンディングサイト

Kickstarter

 

日本の主なクラウドファンディングサイト

Campfire

Makuake

 


スポンサードリンク


The Minaal Daily and Carry-on 2.0

スクリーンショット 2016-06-10 17.43.18

 

Minaal bag 2.0 は、ボストンバックとリュックとして使えます。

また、日常利用の21Lとバックパッカー用の32Lがあります。

 

スクリーンショット 2016-06-05 19.15.43

 

ボストンバックはこのようになります。

サイドにある持ち手から、横に倒して持つイメージです。

 

スクリーンショット 2016-06-05 19.12.07

 

こんなに濡れることはありませんが、付属のカバーを付ければ雨に濡れても安心です。

精密機械を濡らしたくはありませんからね。

 

スクリーンショット 2016-06-05 19.14.14

 

サイドポケットには水筒が入ります。

このように細かい手が届かない所に手が届くのがminaal bag 2.0です。

初期のminaal bag よりもさらに改善して、より良くなっています。

 

スクリーンショット 2016-06-05 19.13.32

 

中の荷物の具合にもよりますが、32L のminaal bag の中に21L のminaal bag がすっぽり入ります。ものすごい機能性ですね。笑

 

スクリーンショット 2016-06-05 19.14.27

 

どっちのリュックにもノートパソコンがすっぽり入ります。

一番大事な点ですからね。

以上で minaal bag 2.0 の説明は終わりです。

 

値段:

21L minaal bag 2.0 : 249ドル (2万5千円前後)

32L minaal bag 2.0 : 299ドル (3万円前後)

 

サイト:

minaal.com

 

画像の引用は下記のyoutubeの動画から行いました。

まとめ

これほどまでに、洗練されたバッグを見つけたのは正直初めてです。

バッグの買い方と使った感想について、これからブログの記事を書きます。

 

とりあえず3つの側面では、素晴らしいです。

・デザイン性

・機能性

・容量

 

あとは値段が1万円代になれば嬉しいのですが、そうはいかないですからね。

ずっと使うものだと意識して、自分は買いました。