はじめに

第86回アカデミー賞7部門受賞の超大作!!

公開日:日本  2013年12月13日

監督:アルフォンソ・キュアロン

主演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー

原案:アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン

出典:contents.geo-online.co.jp
出典:contents.geo-online.co.jp

 

アルフォンソ・キュアロン監督は、日本での知名度はない。

しかし、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』の監督を務めるほどの実力者。

期待できます。

 

しかし、映画館で見ると本作の良さが伝わるが、地上波放送では伝わるわけがない

なぜなら、本作で驚くべき所は圧倒的な画力である。

 

そして、昨今のハリウッド映画は、『オデッセイ』のように中国を意識して映画を作っている。

監督自身が納得する面白い映画を作るのか、売れる映画を作るのかは違うと言うことだ。

映画『オデッセイ』を見た。火星からの奇跡の生還物語 (感想・ネタバレあり!!)

 


スポンサードリンク


予告動画

あらすじ

スペースシャトル『エクスプローラー号』を飛び出し、任務を行っていたライアンとマット。

彼らの任務は、地表600km上空の宇宙空間でハッブル宇宙望遠鏡の修理をすること。

任務中、ヒューストンから『ロシアから発射されたミサイルが、宇宙を漂う衛星にあたり、宇宙ゴミと連鎖反応を起こす可能性がある』と警告される。

警告された間も無く、スペースシャトル『エクスプローラー号』が大破。

2人は地表600km上空の宇宙空間に放り出されてしまう。

まさに絶対絶命である。

 

2人はスラスターパック(補助的な推進装置)を用いて、100km先の国際宇宙ステーション(ISS)へと向かう。

宇宙ゴミが再び飛来するまで、90分だと予測される。

 

推進装置でISSに向かって行ったライアンとマットだが、ほとんど減速できずにISSに衝突。

反動で二人は宇宙空間へ。

ライアンはパラシュートのロープに引っかかり、マットに繋がれているロープを命がけで掴む。

しかし、マットはどんどんISSから引き離されようとしている。

二人とも助かることは出来ない。

マットは自らロープのフックを外して、宇宙の彼方へ。

 

ライアンは近くの中国宇宙ステーション『天宮』に行けば、地球に帰還できる可能性があると思索するが…

 

感想・まとめ

基本的に宇宙に関するストーリーは、隕石の衝突や宇宙人の襲来などによる原因で人類の危機に直面する。

地球から宇宙へ飛び出すストーリーである。

しかし、ゼログラビティは宇宙での任務をしている際の事故を取り上げている。

本映画以降、ゼログラビティなどが同じような構成で設計されている感じがする。

映画『オデッセイ』を見た。火星からの奇跡の生還物語 (感想・ネタバレあり!!)

 

本映画で私が感嘆したのは、圧倒的な画力

ハイスクリーン・3Dで見たあの光景はまさに圧巻だったのだ。

 

そして評価すべきなのは、メッセージ性。

宇宙のゴミ問題による事故。

賛否両論分かれるが、圧倒的に登場人物が少ないので、ストーリーが非常にシンプルである。