スポンサードリンク

はじめに

IMG_3660

 

公開日:日本  2016年6月25日

監督:宮藤官九郎

主演:長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太

脚本:宮藤官九郎

 

脚本・監督が宮藤官九郎さんということで、面白くないわけがないという気持ちで見た。

あまちゃんや木更津キャッツアイの脚本などを務めた宮藤さんは、今度はどんな世界を私たちに見せてくれるのだろうか。

本映画はコメディが主の映画だが、日常の幸せにどのように気づくことができるのだろうかという主張の映画。

地獄は、みんなが思うほど辛いことなのだろうか。

天国は、みんなが思うほど幸せなことなのだろうか。

ただ、宮藤官九郎さんの常識に囚われない発想には驚嘆する。

最初の前提となるストーリーなんてぶっ壊れてしまっている。

目的もコロコロ変わる。

でも、最終的な着地点は感動に値するものなのだ。

普通短期間に同じ映画を何回も見ようとは思わない。

内容を知ってしまったら楽しめないからだ。

しかし、本作品は何回見ても楽しめる作品であり、今年一番のコメディ映画といっても過言ではないだろう。

 

予告動画

あらすじ

主人公・大助(神木隆之介)は、同級生のひろ美(森川葵)に恋をしている高校生。

修学旅行に参加していた際、乗っていた観光バスが転落してしまう。

気を失っていた大助が目を覚ました先は、地獄だった。

 

そこに現れたのは、キラーK(長瀬智也)という鬼だった。

ちゅ〜もしないで死ぬなんて、絶対に諦めきれない。

キラーKによると、閻魔大王によって裁きを受ける。

そして、なんといっても転生のチャンスは7回もある。

果たして、大助の運命はどうなるのだろうか…

 

出典:http://tooyoungtodie.jp/
出典:http://tooyoungtodie.jp/

 

感想・まとめ

ネタバレあり!!

一言で言えば、”超絶面白かった”という感想になるだろう。

前世や何の生まれ変わりなんだということを、誰もが一度は想像したことがあるかもしれない。

主人公の大助は、セキセイインコやザリガニ、アシカ、柴犬、人間に生まれ変わる…

人間に生まれ変われるじゃん。

よかったよかったと思ってもらっては困る。

閻魔大王さまに人間に生まれ変わるハンコを押された大助。

見事になれたんだよ精子に!!

『人間になるってここからのスタートなのかよ』と突っ込みを入れてしまった。

速攻ティッシュに包まれた。笑

むむむ、ここら辺が自分たちの想像を遥かに超えてくる宮藤官九郎さんの世界感なのだろう。

 

何回見ても輪廻転生によって別の生物になった見方が面白すぎる。

人間は自分に都合の良いようにしか考えない。

ザリガニに生まれ変わるとは、誰が想像するのだろうか。

 

ストーリーも当初の好きな子とチューがしたいというストーリーからは、紆余曲折している。

最終的には良くまとまっていて、最高に良い映画だったなという印象になるが。

私には、バスで事故があったありきの地獄のストーリー話でなく…

地獄の世界ありきで作られた、バスでも何でも良い事故であった。

メインは地獄である。

とにかく面白さは劇場で見ないと伝わらないだろう。