スポンサードリンク

きのこの山『ほうじ茶ラテ味』

s__21807108

 

きのこの山とたけのこの里は、株式会社明治が製造・販売する商品です。

1975年にきのこの山、1979年からたけのこの里が販売されているのですが、『あなたはどっち派?』と言われるほどの日本を代表するお菓子となっています。

ちなみに、私はたけのこの里派です。笑

 

近所のファミリーマートに行ったところ、きのこの山『ほうじ茶ラテ味』とたけのこの里『ミルクティー味』が販売されていました。

きのこの山とたけのこの里の期間限定商品は、だいたい同じタイミングで同じような種類のものが販売されます。

今回はほうじ茶とミルクティーというが共通項です。笑

比較するために同じタイミングで買ってレビューしたいと思います。

基本はたけのこの里派ですが、期間限定商品に限って言えば分かりません。

その期間限定商品の味による所が大きいでしょう。

ついでに、同時に食べたきのこの山の感想は、以下の記事から見れます。

文章はほとんど同じですけどね。笑

[期間限定] 紅茶の香りが豊か!! たけのこの里『ミルクティー味』を食べた感想!!

値段やカロリーは??

s__21807114

 

希望商売価格:140 円 (税込)

カロリー:210 kcal

内容量:37 g

アレルギー:小麦、乳成分、大豆

実食

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-20-28-43

 

パッケージは、ほうじ茶ラテを意識していると思われます。

ほうじ茶を香り豊かなほうじ茶チョコレートで表現し、ラテの白い部分をホワイトチョコレートで表現されています。

なんか秋って感じがしますね。

だんだん寒くなってきたので、温かいお茶を飲んでゆっくりするのも良いですね。

 

s__21807128

 

封を開けると、ほんのりほうじ茶の香りがします。

ほうじ茶チョコレートとホワイトチョコレートの二層構造が、ほうじ茶ラテのイラスト通りになっています。

きのこの山は、チョコレートとサックサクのクラッカーが最高の組み合わせですね。

 

s__21807130

 

それでは早速一口…サックサクという食感と共にほうじ茶の香りとホワイトチョコレートの甘さが口いっぱいに広がります。

めっちゃ美味しい。

ほうじ茶アイスなどほうじ茶を使ったスイーツは好きなので、美味しいと思っていたのですが想像以上に美味しい。

 

s__21807135

 

ボキッ!!絶対に存在してしまう無残な残骸だ。

 

s__21807133

 

同時にたけのこの里『ミルクティー味』ときのこの山『ほうじ茶ラテ味』を食べているので、意味もなく比較した写真です。笑

味ではなく色合いだけだと、きのこの山『ほうじ茶ラテ味』の圧勝ですね。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-21-20-33

 

ご馳走さまでした。

食べた瞬間にクラッカーのサクサクという食感と共に、ほうじ茶の香りとホワイトチョコレートの甘さが口いっぱいに広がりました。

同時にたけのこの里『ミルクティー味』も食べたのですが、きのこの山『ほうじ茶ラテ味』の勝利だと思います。

理由は、単純にほうじ茶を使った甘いものが好きなだけです。笑

もちろんどちらも美味しかったですよ!!

[期間限定] 紅茶の香りが豊か!! たけのこの里『ミルクティー味』を食べた感想!!

ネットの反応は??