スポンサードリンク

はじめに

出典:www.mai-b.co.jp
出典:www.mai-b.co.jp

 

サンマルクカフェは、日本を代表するカフェの一つ。

なかでもチョコクロはサンマルクカフェの代名詞です。

サクサクもっちりの生地に甘いチョコを加えた一品であり、これが苦いコーヒーとよく合います。

小腹が空いている際やちょっとした打ち合わせのお供に丁度いいです。笑

 

そんなサンマルクカフェは、数ヶ月ごとに期間限定チョコクロを販売しています。

そして今回期間限定で発売されたチョコクロは、『ダマンドチョコクロ』です。

ダマンドとは、アーモンドクリームを焼いた生地を表します。

通常のチョコクロにアーモンドクリームを重ねて焼き上げた商品なので、サクサクとした食感のチョコクロにアーモンドの風味が加わっています。

 

ダマンドチョコクロの特徴!!

・アーモンドクリームを焼いたことでのアーモンドの風味。

・チョコクロの本来持っているサクサクとした食感。

・チョコレートの甘さ。

 

以前にサンマルクカフェで販売されていたのは、『抹茶チョコクロ』と『ミルクロ』でした。

『抹茶チョコクロ』は、宇治茶祇園辻という京都で創業151年を迎えた老舗とサンマルクカフェとのコラボ商品だ!!

抹茶の濃さはそれほどまでではないですが、抹茶チョコレートは非常に美味しかったです。

ミルクロはチョコレートとミルクのコラボであり、練乳っぽい味わいだったのでめっちゃ甘かった。

[期間限定] サンマルクカフェ『抹茶チョコクロ』を食べた感想!!

[期間限定] サンマルクカフェ『ミルクロ』を食べた感想!!

価格やカロリーは??

販売期間

いつから販売されたかは分からないが、午後3時から販売される商品。


値段

サンマルクカフェ『ダマンドチョコクロ』:250円 (税込:270円)

 

カロリー

サンマルクカフェ『ダマンドチョコクロ』:365 kcal

 

アレルギー情報

サンマルクカフェ『ダマンドチョコクロ』:卵、乳、小麦、大豆

いざサンマルクカフェへ

サンマルクカフェの前を通りかかった知り合いから、『レアチーズチョコクロ』と『ダマンドチョコクロ』を貰いました。

どちらも期間限定のチョコクロでしたので、記事にすることにしました。

本来のチョコクロの味わいに、アーモンドクリームを焼き上げることで生まれたアーモンド風味と香ばしさを兼ね備えたダマンドチョコクロ。

通常のチョコクロよりも少し高価なので、注意が必要です。笑

果たして味は、通常のチョコクロよりも美味しいのか。

[期間限定] サンマルクカフェ『レアチーズチョコクロ』を食べた感想!!

実食

6217

 

『レアチーズチョコクロ』と『ダマンドチョコクロ』をもらったので、本記事では『ダマンドチョコクロ』について書いていきます。

通常のチョコクロにアーモンドクリームを重ねて焼き上げた商品なので、チョコクロのサクサクとした食感にアーモンドの風味が加わっています。

 

6215

 

アーモンドクリームを焼き上げて作られたチョコクロなので、香ばしくこんがり焼き上げられています。

さらに、アーモンドチップが上にトッピングされています。

 

6211

 

表面はサックサクのアーモンドクリームの生地ですね。

一口食べてみます…サクサク

 

6209

 

アーモンドクリームの生地とチョコレートの甘さがよくマッチしています。

アーモンドクリームの生地は、メロンパンのサクサクとした食感の生地と似た感じです。

最高に美味い!!

そして、通常のチョコクロよりも少しお高いです。笑

 

6210

 

わかりますかね、このアーモンドクリームの生地がチョコクロをコーティングした感じです。

アーモンド風味のサクサクと食感がたまりません。

 

6206

 

ご馳走さまでした。

ダマンドチョコクロは、通常のチョコクロよりもアーモンド風味とサクサクの食感がさらにパワーアップされている感じです。

そのぶん値段は少し高価ですが、購入する価値ありです。

同時に食べた『レアチーズチョコクロ』は正直微妙でした。

おすすめは圧倒的に『ダマンドチョコクロ』です。午後3時から販売みたいなので注意してください。

[期間限定] サンマルクカフェ『レアチーズチョコクロ』を食べた感想!!

ネットの反応は??