マスコミが安倍政権に対して批判的な理由3つ

ここ数年、テレビや新聞などマスコミによる安倍政権バッシングが苛酷になってきたような気がします。

とりわけ、テレビでの印象操作は酷く、見るに堪えません。そもそも、そんなにテレビ見ないけど…

マスコミの役割として、権力をしっかりと監視し、政治の腐敗や汚職を防いだりするなど、一定程度政権は批判されるべきだとは思います。

また、本来国民の知るべき情報などを国民に知らせることによって、民主主義を正しく運営させるために、マスコミは一定の役割を担っているといえるでしょう。

しかし、先ほどにも書きましたように、ここ数年においては、バッシングが年々酷くなっているように思えます。

今回は、その理由について3つほど考えてみました。

それでは、本題のマスコミが安倍政権に対して批判的な理由について考えていきます。

憲法改正について歴代内閣の中で最も前向きだから

安倍総理は憲法改正について次のような発言をしています。

2013年、産経新聞へのインタビューにて

連合国軍総司令部(「GHQ」という。)の憲法も国際法も全くの素人の人たちが、たった八日間でつくり上げた代物だ

また、2018年4月の三重県伊勢市の伊勢神宮への参拝後の発言

『今年こそ新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示する』

2018年6月2日の自民党滋賀県連での発言

『立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときがやってきた。9条の改正についても改正案を必ずとりまとめる』など。

この他にも、たびたび憲法改正について前向きな発言は随所に見られます。

これがマスコミにとって安倍政権批判を続ける一つの理由だと私は考えております。

マスコミはなぜ憲法を改正させたくないのか?

一つにはマスコミとしては、殊更に憲法改正することで、世界(中国や韓国)に波風を立てたくないという背景があります。

また、第二次世界大戦時にマスコミが国民を先導して戦争に駆り立てたから、その反省として憲法改正させたくないと言うような背景もあります。

もちろん、憲法改正することで、それがすなわち戦争になるといったことではないですし、徴兵制に駆り出されることはないのですが…

放送法4条撤廃について積極的な考え

安倍政権は放送法に関して、2月6日の衆議院予算委員会で次のような発言をしています。

『ネットは自由な世界であり、その自由な世界に、規制を持ち込むという考え方は全くない。であるならば、放送法をどうするかという問題意識を持っている』

これに対して、日本民間放送連盟(民放連)は次のような発言をしています。

『放送法改正は国民・視聴者の利益にならない』

また、日本テレビの大久保好男社長は

『放送が果たしてきた公共的、社会的役割について考慮されていない』

毎日新聞 『規制がないネットの世界のようにフェイク(偽)ニュースが広がり、過激な性的映像や暴力的な表現などが横行し、番組の質が低下する可能性がある。』

としています。

基本的にテレビ局としては、放送法改正することで、フェイクが蔓延することへの懸念、政権よりの放送ばかりになってしまうのではないかという点で批判をしています。

しかし、実態は、自分たちの電波利権を安倍首相に壊してほしくないという考えが根底にあり、それ故に安倍政権を引きずり下ろしたいという思惑があります。

下の図は、テレビ局の電波利用料についての携帯電話会社とテレビ局が軒並み低いことになります。

また、テレビ局は収入に対する電波利用料の割合は、0.0〇%~0.〇%となり、既得権益集団と言えるでしょう。

携帯電話会社

テレビ局

となっています。

ちなみに、放送法と電波オークションについての詳細はこちらをご覧ください。

放送法4条は撤廃するべきか? そのメリットとデメリットをわかりやすく解説する!

電波オークションとは何か!? その背景とメリット・デメリットをわかりやすく解説する!

増税で軽減税率が適用されない可能性があるから

軽減税率とは、一部の商品や食料品などに対して、税率を免除することです。

例えば、現在消費税は8%ですが10%になった時に、軽減税率が新聞に適用されれば、8%のままということになります。

連立政権を組んでいる公明党が新聞にも軽減税率を適用しようと働きかけており、新聞は増税の対象にはなっていないのが現状です。

しかし、新聞が来年の消費税10%への増税の対象になりうる可能性があるため、批判的な記事を書いていると私は考えています。

終わりに

マスコミは安倍政権をなぜ過度に批判的なのか?

それは憲法改正に前向きである点、電波利権に介入しようとする点、軽減税率が適用されない点という3つがご理解していただけたと思います。

政権を批判するのは勝手ですが、ねつ造や過度なバッシングは慎むべきであると私は考えます。

もちろん、他にも様々な理由が考えられますが、みなさんはなぜだと思いますか?

是非、ご意見を聞かせてもらえたら嬉しいです。

 

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください