司法取引とは何か!? そのメリットとデメリットをわかりやすく解説!

2018年6月1日から司法取引を導入する改正刑事訴訟法が施行されることになりました。

司法取引というと、アメリカの映画やドラマでは見たことはありますが、一体どのようなものなのでしょうか?

今回は司法取引とは何か、そのメリットとデメリットについて簡単に解説していきます。

まずは、産経新聞の次のニュースから、ご覧ください。

新たな捜査手法として期待される日本版の司法取引制度が、6月1日からスタートした。容疑者や被告が共犯者らの犯罪事実解明のために供述する見返りに、起訴の見送りや刑を軽減することができる。

…(略)。

懸念されるのは、虚偽の供述が冤罪(えんざい)を生むことである。自らの刑を軽減するため、無実の他人に罪を押しつける可能性が否定できない。このため取引合意に向けた協議には弁護人が関与することが義務づけられ、虚偽の供述をした場合の罰則を定める虚偽供述罪も新設した。

産経新聞ニュースより一部引用

 

司法取引とは何か!?と概要

司法取引とは、被告人が罪を認めたり、あるいはその共犯者について告発、捜査に協力することで、その被告人の罪が軽くなるという制度のことを言います。

簡単に言えば、「罪を認めてくれたら、あるいは共犯者についての情報を話してくれたら、罪を軽くするよ!」というもの。

イギリスやアメリカでは一般的ではありますが、日本では日本弁護士連合会(日弁連)の反発により、導入されていませんでした。

次に司法取引には、以下のような決まりが設けられます。

1 特定の犯罪に限定していること

➡贈収賄や詐欺、粉飾決算などの経済犯罪と、覚せい剤取締法違反など銃器・薬物犯罪などが挙げられます。

2 他人の経済事件と関連性があること

3 協議・合意の過程に弁護人の立会いが義務化されていること

これらを見てわかる通り、個人の犯罪というよりも企業犯罪などの組織的犯罪で運用されるようです。

では、司法取引にはどんなメリットがあるのでしょうか?

司法取引導入のメリット

裁判にかかる費用と時間の節約

事件によっては、組織犯罪や企業犯罪となると、膨大な時間と費用がかかることはよくありますよね。

一人一人の供述を聞き、なおかつその事件について検察官や弁護士が調べると、数年場合によっては数十年かかってしまうこともあります。

また、弁護士や検察官を雇うと、裁判が長くなればなるほど、費用もかさみます。

司法取引によって、犯罪を軽くしても有罪にできて、裁判を簡素化することや、裁判を行わないために、費用と時間を節約することが可能になります。

真に裁くべき人を裁くことができる

組織的犯罪になると、時として誰がその犯罪を指導したのかわからないことがよくあります。

例えば、粉飾決算などの事件が起こった時や、反社会集団による犯罪などで、首謀者や実行者を明確にすれば、よりその事件の真相がわかることになります。

司法取引導入のデメリット

冤罪の可能性がある

被告人が自供すれば、自分の罪が軽くなることから、他人に対して、その犯罪が関与していないのにもかかわらず、その人に罪を擦り付けてしまう可能性があります。

本来は、事件の真相を明らかにするために、導入される司法取引ですが、冤罪の可能性が生じてしまうのは大きなデメリットの一つでしょう。

一応、法務省は冤罪の危険性についても危惧しており、以下のような対策を講じようとしています。

1 司法取引をするかどうかの協議に弁護人の同意と立ち会いを義務付けている

2 虚偽供述には5年以下の懲役を科す罰則を定める

これらによって、虚偽の証言による冤罪を防げるのかどうかは、これからの司法取引を運用していく上での争点になりそうです。

犯罪が増えてしまう確率が上がる

これは主に個人犯罪でのことですが、犯罪を犯しても、自供すれば罪が軽くなることから、犯罪が増えてしまう可能性があります。

黙秘権の侵害

黙秘権とは、被疑者が自分の自供したくない事を黙秘することによって、不利益を被らない権利のことを言います。

司法取引によって、罪が軽くなるという誘惑に耐え切れず、黙秘権を行使せずに自供をしてしまうことも考えられます。

まとめ

ここまで司法取引について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

実は、司法取引の議論は2016年から議論が活発化し、2018年6月に施行されることになったのですが、私としてはここまで国民的な議論が為されていないことが気になる点です。

また、テレビや新聞などでも、この件に関しては、取り上げられず、今回のニュースはまさに青天の霹靂でした。

いずれにせよ、司法取引が運用されることが決まったわけですから、国民的議論がなされること正しく運営されるのかについて注視していきたいですね。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください