梅雨入り梅雨明けには明確な基準はない!? 梅雨の季節はどうやって決めているのか?

6月に入り、雨が降ったり、じめじめした季節が続きますね。

ニュースで梅雨入りが報じられることが多くなりましたが、そもそも梅雨入りや梅雨明けの基準ってどうやって決まるのでしょうか?

また、それは誰が決めているのでしょうか?

そもそも「梅雨」とは

梅雨入りや梅雨明けの基準よりもまず、そもそも梅雨とは何なのかを確認しておきましょう。

梅雨とは、「日本列島および朝鮮半島南部、中国の長江、台湾などで5月~7月に見られる雨の多い期間のこと」を言います。

さて、この梅雨という雨が多き時期はどのようなメカニズムで生じるのでしょうか?

梅雨のメカニズム

梅雨の時期には、4つの気団が生じます。

(北) オホーツク海気団・・・北海道のオホーツク海で生じる、冷たく湿った気団

(東) 小笠原気団・・・太平洋で生じる高温で多湿の気団

(南) 熱帯モンスーン気団・・・インドシナ半島や南シナ海からくる暖かく、湿った気団

(西) 揚子江気団・・・中国やモンゴルから来る気団で、暖かく、乾燥した気団

この中で、南の熱帯モンスーン気団と西の揚子江気団が接近していき、両者の湿度の差によって、停滞前線が形成されます。

また同様に、北のオホーツク海気団と東の小笠原気団の接近によって、停滞前線が形成されます。

この両方の気団が衝突したときに、梅雨前線が発生し、これが約1~2か月続くことになります。

梅雨入り梅雨明けの基準はない!?

梅雨入りの基準

気圧配置や前線が梅雨前線になること、何日か曇りや雨の所が多い、来週1週間曇りや雨の日が多くなる見込み…などを総合的に判断します。

梅雨明けの基準

同様に、気圧配置や前線が梅雨前線になること、何日か晴れの所が多い、来週1週間晴れの日が多くなる見込み…などを総合的に判断します。

梅雨入りや梅雨明けのニュースを見ていても、「関東地方で梅雨入り(梅雨明け)は〇〇日です」という言い方はしません。

「関東地方は梅雨入り(梅雨明け)は〇〇日ごろだと思われるでしょう」と濁した言い方をします。

以前、梅雨入りは〇〇日です、と断言して後に、晴れの日が続いたところで、「梅雨入りしたんじゃないのか(怒)」や梅雨明けにも同様の苦情が相当あったため、断定せずに濁した言い方をしていて、明確な基準を定めておりません。

それでも気になる大体の基準

気象庁によると、大体の梅雨入りと梅雨明けの基準が掲載されています。

梅雨入りと梅雨明けの平年の基準

沖縄 5月29日 ➡ 6月23日

九州 5月31日~6月5日 ➡ 7月14日~19日

四国 6月5日 ➡ 7月18日

近畿・中国 6月7日 ➡ 7月18~21日

東海・関東甲信 6月8日 ➡ 7月21日

北陸 6月12日 ➡ 7月24日

東北南部 6月12日 ➡ 7月25日

東北南部 6月14日 ➡ 7月28日

どれも目安ですが、参考になる部分もあるのではないでしょうか。

ちなみに、北海道には梅雨がないとされていますが、北海道に梅雨前線が行く前に消えてしまうからです。

気象庁はなぜ梅雨を発表するのか?

気象庁が、梅雨について報告しているのは、梅雨の時期には災害が多いこと。

また、農家の人にとっては、必要な農業用の水などを備えるため、大事な時期となっています。

私たちにとっても、スーパーで買い物をする時にも、雨が多いと野菜などの値段が変わったり、洗濯物を干すタイミングを考えたりと社会的にも重要なため、気象庁は伝えてくれるんですね。

終わりに

梅雨という言葉はよく聞きますが、梅雨や梅雨の基準についても色々意味があるんですね。

梅雨はじめじめした嫌な季節ですが、雨が降らなかったら、農家の人は困ってしまいますから、そこら辺も気にしつつ、過ごしていきたいですね。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください