海の日の由来って知ってた!? 由来を調べてビックリした件について!

ど~も、管理人のケイです。

6月は梅雨でジメジメした季節で本当に嫌になりますよね。

また、休日が土日しかなくて、祝日がないというのも、私が6月があまり好きではない理由の一つです。

学校や仕事は極力休みたいものですからね…。

さて、7月になると海の日で休日がありますが、そもそも海の日の由来って知ってましたか?

海の日の由来って?

海の日の起源

海の日の起源は古く、1876年にまで遡ります。

もともとは「海の記念日」と呼ばれていました。

さて、海の日の由来は、明治天皇が1876年に東北を初めて船を使って、巡行され、青森や函館経由で横浜に到着したのが7月20日だったため、これが記念日となりました。

また、当日の祝日法には、このような記録が残っています。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律178号)第2条では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。

日本の国土は世界的に見れば大きいとは言えませんが、日本の周りの領海や排他的経済水域を考えると、世界最大の海洋国家です。

また、海から本当に様々な食事も頂けるし、日光浴やサーフィンと言った娯楽も海は満たしてくれますね。

そんな海に感謝をしつつ、海の日を迎えたいですね。

現在の海の日は日にちが違う?

さて、先ほど7月20日に明治天皇が船で巡行し、横浜に到着した日が7月20日だったことが海の日の起源ということを書きました。

しかし、現在の海の日は、7月の第3月曜日となっており、本来の日にちとはかけ離れています。

祝日として制定されたのは、1995年で、その後1996年から運用されています。

その時は、もちろん7月20日だったんですが…

2003年の祝日法が改正され、ハッピーマンデー制度が導入されたため、現在の7月の第3月曜日に制定されました。

ケイ
ハッピー・マンデー制度って何?

ハッピー・マンデー制度とは、土・日曜日の週休2日制だけでなく、こくみんんいしっかりと余暇を楽しんでもらったり、仕事の疲れを癒すために、月曜日を休日にして3連休にしようとする制度のことを言います。

ケイ
そうなんだ。そうなると本来の海の日の意味からはかけ離れてしまったんだね。

終わりに

海の日は、もともと海の記念日であり、今からなんと約140年前に制定されたのは驚きですよね。

日本は海洋国家であるし、様々な恩恵を受けているので、その海に感謝しつつ、良い休日を過ごしたいです。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください