山の日とは!? 山の日の由来と制定理由を簡単に解説する!

ど~も、こんにちは、管理人のケイです。

猛暑日のような暑い日が続いてきましたが、梅雨も明けるといよいよ夏休みやお盆休みが近づいてきますね。

8月のお盆休みは8月13日~16日であることは一般的のようですが、山の日の制定以来、休日が多くなった人も多いのではないでしょうか?

特にスーツを着て毎日働いているサラリーマンにとっては、一つの光明になったはずです。

今回はそんな山の日の由来と制定理由について簡単に解説していきます。

山の日の由来と制定理由

山の日とは、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝するという意味を込めて、2016年8月11日から始まった祝日のこと」を言います。

ただし、他の祝日にはそれぞれ意味や背景がありますが、実は山の日には特別な理由がありません。

ケイ
え、そんな簡単に祝日を制定しまっていいの?

確かに、山の日は他の祝日のような社会的な背景がないため、「そもそも祝日にする必要はあるのか?」などと言った批判は多くありました。

しかし、2016年8月11日から祝日法2条によって、山の日が始まりました。

山の日の制定理由

では、特別な理由がないのに、なぜ急に山の日は制定されたのでしょうか?

実は、日本山岳会から地方自治体が、「山の日」を制定しようと働きかけ、山の日制定議員連盟がそれを実現させた形になります。

当初は、6月や8月などで考えられていたようですが、お盆に近いことから8月12日になりました。

しかし、8月12日は日航機墜落の過去があり、それを避けて8月11日にされたとしています。

8月11日に制定した理由は、だいぶ大雑把ですね…。

しかし、これによって8月は11日から16日まで休みとなり、祝日が増えて、働きすぎと言われる会社員にとっては、ありがたい祝日になりましたね。

これで祝日がないのは6月だけになりました。

なお、各都道府県や地方自治体によっては、山の日に独自のお祭りやイベントを開催しているので、興味がある人は参加してみるのも面白いかもしれません。

終わりに

山の日の由来と制定理由について書いてきましたが、いかがでしょうか?

個人的には、「こんな簡単に祝日は作れてしまうんだ」というような感想を抱きました。

ただ制定理由を知ったからには、山の日の根底にある「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という背景を考えて、お盆休みを過ごしていきたいと思います。

合わせて読みたい海の日の制定由来についてはことらをどうぞ↓↓

海の日の由来って知ってた!? 由来を調べてビックリした件について!

 

 

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください