連立政権とは!? なぜ自民党と公明党が組んでいるの? その内容をわかりやすく解説する!

ど~も、こんにちは、管理人のケイです。

ここ最近は自公政権というかたちで、連立政権が組まれて政権運営されています。

しかし、連立政権という言葉はよく聞きますが、そもそも連立政権とは何でしょうか?

また、自民党や公明党は全く政策が違うのにも関わらず、なぜ一緒に政権運営されているのでしょうか?

今回は、連立政権についてわかりやすく解説していきます。

連立政権とは!? ー連立政権の狙いー

連立政権とは、「複数の政党が、政策での合意の下で、協力して政権を運営すること」を言います。

日本では近年、自民党と公明党が連立して自公政権で成り立っていますが、一時的には民主党・国民新党・社民党での政権もありました。

また、日本と同様に議院内閣制をとる海外でも、連立政権が成立しています。

また、二大政党制を取っているアメリカやイギリスなどでは、選挙=政権交代のため、連立政権が成立しにくいとされています。

しかし、日本やドイツは多党制のため、連立政権が誕生しやすく、日本では1983年以降、政権交代を経ても連立政権が続いています。

では、なぜ連立政権を組む必要があるのでしょうか?

連立政権の狙いは、自分の党と似た政策を持つ政党を組むことで、議会で承認を得やすくし、政策を円滑に遂行していくために尽きます!

政治家は国会で予算や法律を作りますが、それには過半数が必要になります。

そのため、連立政権として予算や法案を国会で通しやすくして、過半数を占めている政党達は政権運営をしていきたいんですね。

なぜ自民党と公明党と連立しているのか?

自民党と公明党の綱領(党の目標)を見比べてみると、方針が全く違います。

特に自民党の党是の一つには、憲法改正という目標を掲げています。

一方で、公明党ではそのような文言はありません。

本来であれば、全く違う理念を持つ政党が組み合わさることはないのですが、なぜ連立しているのでしょうか?

それぞれの政党の狙い

・自民党の狙い

(1) 政権与党は自分たちの政策を通していきたいわけですから、連立して法案を通していきたいという狙いがあります。

(2) 自民党の党是として、憲法改正があり、憲法を改正したいがために、連立している部分があります。

ケイ
でも、公明党は憲法改正したくないんじゃないの?

確かに、公明党は自民党の改憲案に反対しています。

しかし、それ以上に自民党と公明党が連立して、様々な法案を憲法改正の前に通しておきたいという利益が一致しているためだと考えています。

この姿勢には、一部の保守派には批判されています。

・公明党の狙い

(1) 公明党は政権与党側にいた方が、自分の支持母体である創価学会、あるいは自分の政党の意向を反映しやすくする狙いがあります。

(2) また、支持母体が宗教団体のため、連立していることで、アピールすることができます。

この姿勢には、当時から保守派や他の宗教団体から批判されてきました。

しかし、両者の政策というよりも利害が現段階で一致しているため、連立政権を運営したほうが良いという結果になっています。

終わりに

連立政権は当たり前のようにありますが、政策というよりも利害が一致しているからこそ、成り立っていることがわかります。

思い返せば、民主党政権時代の、民主党・国民新党・社民党の連立政権、90年代の自民党・社民党・新党さきがけも利害の一致という点で、連立していましたね。

いずれにせよ、これからも連立政権で政治運営されていくので、各政党の利害から見ていくと面白いのかもしれません。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください