4Kテレビ、8Kテレビとは!? 4Kテレビを買っても、4K放送は見られない?

2018年12月からBSなどの放送で4K、NHKでは8Kテレビが放送されます。

どうやら高画質になるそうなのですが、そもそも4K、8Kってどういう意味か知ってますか?

今回は、そもそも4K、8Kテレビとはどういったものなのか、4Kテレビを買っても、4K放送は見られない?と言うことを解説していきます。

4K、8K放送とは!?

簡単に言えば、表示パネルの画素数が、従来のフルハイビジョンの4~8倍もある高画質のテレビになっています。

横の画素数が3840(約4000)で、1000は1K(キロ)という単位で表されるので、4Kという表現をします。

従来のテレビは、フルハイビジョン(ブルーレイ)の画素数は、1920(横)×1080(縦)となっており、総画素数は約200万となっています。

しかし、4Kテレビは、3840(横)×2160(縦)となっており、総画素数は約830万となっており、約4倍の画素数です。

また、8Kテレビは、7680(横)×4320(縦)で、総画素数はなんと3300万になっていて、フルハイビジョンと比べると、約16倍の画素数です。

基本的には、テレビの画面が大きくなればなるほど、画質が悪くなってしまいます。

しかし、4K放送・8K放送が始まれば、従来よりも高画質でみることが可能になります。

今も充分高画質ですが、これより高画質になるとどうなってしまうのでしょうか…?

芸能人はメイクが大変そうですね(笑)

4Kテレビを買っても、4K放送は見られない?

実は言うと、今までもケーブルテレビやインターネット配信などで4K放送されていました。

2018年の12月に新4K8K衛星放送が始まるというニュースを聞いて、国民の中には次のような声もありました。

『高画質なのは理解したけど、4K放送を買っても別に何かを買わなくてはいけないんでしょう?』

というのが多数ありました。

大事なポイントは、4Kテレビにチューナーが内蔵しているかどうかだ!

また、これから新築を建てようと考えた時に対応のアンテナも大事になってきます。

実は、4K対応のアンテナ配線が販売されていないのが現状です。

そのため、早急に4Kテレビを買わなくても良いのかなと私は考えています。

総務省; 新4K8K衛星放送に参入する事業者より引用

終わりに

4K放送、8K放送になって、テレビを高画質に見られるようになりますが、そもそも高画質にする必要があるのかは甚だ疑問でもあります。

それよりもテレビの内容の質、報道に対する姿勢を総務省には何とか糾してほしいと私は思っています。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください