創価学会ってどんな組織!? 組織の概要や公明党との関係を簡単に解説する!

ど~も、こんにちは、管理人のケイです。

みなさんは創価学会という組織を知っていますか?

また、創価学会にどんなイメージを持たれていますか?

「選挙の時に、公明党の議員に投票してほしいと電話がくる。」

「他の宗教に対して厳しい」

そんなイメージを持っている方もいると思います。

今回は創価学会とはどういう組織かを簡単に解説していきます!

創価学会はどんな組織!?

創価学会は1930年に誕生した組織です。

当時は、創価教育学会と言われていました。

それは1930年に創刊された「創価教育学体系」の由来だとされています」。

ケイ
今では、創価学会や学会というような呼ばれ方をしているみたいだけど、なぜ教育という名前があるの?

それは、初代会長である牧口常三郎が校長先生であり、その牧口の考えに共鳴した人は学校の先生が多かったからです。

この牧口は人々の幸福に対して、常々考えていました。

そして、その幸福の答えは、「日蓮の仏法こそが大事だ!」という結論に至ります。

この教育論が、徐々に拡大され、宗教となっていきます。

そして、人生の幸福は「人々が価値創造をする力」だと考えました。

要約すると、一人一人が成長し、他人に対して貢献していくことで、お互いに支えあい、力を発揮していくことを目指すことが価値創造する力としています。

その後、第二次世界大戦を経て、1953年二代目会長に戸田城聖となります。

1958年には、信者が75万世帯となり、60年には第3代会長である池田大作となります。

現在では、信者の世帯数は827万世帯で、世界的には192か国・地域に広がり、175万人もの信者がいるとされています。

ここまでのまとめ

創価学会はもともと教師の集まりで、創価教育学会という名称だった。

そこから、「人生の幸福とは何か?」と考えると、日蓮聖人の仏法と出会い、その答えは、人々が価値を創造する力だと考えました。

この価値創造を反対にして、創価学会と名付けられて、今日に至ります。

なぜ創価学会を嫌っている人がいるのか?

組織の概要を見ると、崇高な理念を持った組織だとご理解いただけたはずです。

しかし、創価学会に対しては批判的な意見も多くあります。

それはなぜなのでしょうか?

その前に、個人として活動していくにあたって、様々な活動があります。

例えば、南無妙法蓮華経と唱えたり、日蓮大聖人御書全集をみんなで読んだり、他の人に折伏と言って、創価学会を進めたりという活動があります。

もちろん、その活動の全てが強制という訳ではありませんが、熱心な方は行っているそうです。

さて、この活動の中の折伏というワードに注目しましょう。

折伏とは、「悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること。人をいったん議論などによって破り、自己の誤りを悟らせること」とされています。

この折伏がおそらく創価学会に対してネガティブなイメージに繋がっています。

(1) 家庭に上がり込み、無理やり勧誘していた!?

かつて折伏大行進と呼ばれる行動があり、他人の家にあがって無理やり勧誘してたりしていたそうです。

実際に、私の知り合いから聞きましたし、Youtubeにもその様子の動画が落ちていました。

現在では、そのような行為は行っておらず、無理やり勧誘していくこともなくなったそうです。

しかし、この記憶がある人にとっては、あまり良いイメージがないという人もいます。

(2) 選挙期間内での投票の呼びかけ

選挙期間内になると、たびたび「公明党に入れてくれ」と呼びかけの電話がきたりします。

実際に、自分も来たことがあります。

ほとんど日々の中で連絡する間柄ではないのにもかかわらず、その時だけ連絡をしてくるため、厄介だという人もいます。

その他にも、実際に個人的に嫌がらせを受けたなどがあるそうです。

創価学会と公明党の関係性

1960年に第3代会長として池田大作が会長となり、「大衆政党がない」という理由で、1961年に公明政治連盟、1964年に公明党が成立しました。

1967年には衆議院選挙で、25議席を獲得するに至っています。

その後、1999年には政権与党になり、現在に至っています。

創価学会と公明党の関係性は、次のように書いています。

創価学会と公明党との関係は、あくまでも支持団体と支持を受ける政党という関係であり、「あらゆる階層のいっさいの民衆を包含しうる大衆政党」であると綱領にも明記している通り、公明党は国民全体に奉仕する国民政党です。

公明党 よくあるご質問より引用

つまり、自民党の支持団体である日本医師会と自民党との関係性、民進党と連合との関係性と同様なものだよということになります。

ケイ
でも、支持母体が宗教団体って大丈夫なのかな? 憲法には政教分離という条文があって、それに違反しているんじゃないの?

政教分離の原則はどうなっているの?

憲法20条には信教の自由、政教分離の原則が書かれています。

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

この文面だけ見ると、政治に宗教が関与してはいけないというイメージを持ちます。

これに対して、公明党はこう答えています。

憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。

公明党 よくあるご質問より引用

国家が特定の宗教を擁護したり、支持しなければ、良いという訳です。

確かに、支持母体が宗教団体なのは創価学会の他にも多くありますね。

終わりに

日本には様々な宗教があり、また無宗教な人も多くいます。

宗教を信じるのは個人の自由ですが、それが絶対だと思い込み、他人にその価値観を押し付けたり、強制させたりすることは絶対にあってはなりません。

私自身は全く宗教を信じていませんが、信じている人は他人に迷惑をかけない範囲で信心していってほしいです。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください