憲法9条改正とは!? 改正のメリット・デメリットについて簡単に解説する!

ど~も、こんにちは、管理人のケイです。

安倍政権での一つの政策として憲法9条の改正があります。

1947年に施工されて以来、一度も変更されていない硬性憲法ですが、その憲法が変わるかもしれません。

憲法9条の改正は議論されていくにあたって、憲法9条を知っていないければいけませんが…

みなさんは憲法9条について、どれくらい知ってますか?

今回は憲法9条についてわかりやすく解説していきます。

憲法9条の条文って知ってますか?

まず、確認事項として憲法9条の確認しておきましょう。

日本国憲法 第二章 戦争の抛棄(ほうき)

憲法9条

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第二項

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

ポイントとなるのは、次の通りになります。

(1) 国際紛争を解決するためには、戦争の放棄をして、絶対に戦争という手段を使わない

(2) 戦争を起こさないからこそ、陸・海・空軍のような軍隊を持たない

という風になっています。

ケイ
でも、実際には自衛隊という軍隊はいるよね?

その指摘は重要ですが、またあとで書いていきます。

さて、憲法9条を考えるうえで、憲法の条文は見逃せません。

というのも、憲法の条文には、その憲法の根幹となるものが書かれているからです。

憲法の条文には、次のように書かれています。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

要約すると、日本国民は、世界平和を願っています。

世界の人々も当然平和を願っているので、戦争を起こさないと私たちは信じて、日本は戦争を放棄します。

しかし、当時の社会状況と比較すると、全く変わっていますよね。

例えば、日本を取り巻く領土問題、ロシアによる北方領土、韓国による竹島、中国による尖閣諸島の問題。

また、北朝鮮による核・ミサイル開発、拉致問題があります。

他にも、近年ではテロリズムも問題となっています。

このような社会背景の中で、憲法9条改正への機運が高まっていると言えるでしょう。

憲法9条のメリット・デメリット

次に、憲法9条のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

憲法9条のメリット

(1) 他国の戦争に巻き込まれない

自衛隊という軍隊がありながらも、海外派遣の際に、他国の軍隊を攻撃していないというメリットがあります。

正確に言えば、「自衛隊が戦争に参加せずに済んでいる」という状況です。

というのも、現行憲法が施工されてから、世界では様々な戦争や紛争がありました。

例えば、以下の戦争があります。

朝鮮戦争(1950年); 軍隊自体はなかったものの、自衛隊の警察予備隊が成立しましたが、戦地に派遣されていません。

ベトナム戦争(1955~75年);日本は米軍基地から支援しました

湾岸戦争(1990年);日本は海外派遣ができなかっため、莫大の資金提供しました。

イラク戦争(2003年):PKO(国連平和維持活動)というかたちで派遣しました。

とりわけ、1992年には湾岸戦争の教訓を受けて、PKO(国連平和維持活動)が成立しました。

当時のクウェートの新聞には、支援してくれた国に対して、感謝の意を示しましたが、そこには日本の名前はなかったのはあまりにも有名で、ここからPKOが成立しました。

以上で見てきたように、日本の自衛隊は、徐々に解釈され、その活動範囲も増えていきました。

しかし、日本という世界3位の経済大国で重要な役割を果たすべきであるにも関わらず、それが果たせないのは問題と言えそうです。

(2) 他国に侵略されない

日本には

「憲法9条があるからこそ、どこの国にも侵略されない」、

「戦争を放棄している国に攻めてくる国はない」、

「日本を侵略してもメリットがない」

という主張をする人がいます。

これは一理ありそうですが、現在では米軍基地や日米同盟があるからこそ、日本の平和が守られているといるのが一般的です。

憲法9条のメリットを見てきましたが、やはり現実に即していないため、矛盾しているように思えます。

憲法9条のデメリット

(1) 現実と憲法に矛盾がある

先ほども書きましたように、日本では様々な領土問題があります。

また、世界でも様々な紛争や戦争があり、日本は国連に加盟している点や、世界でも重要な役割を果たすべきであるにも関わらず、現行憲法ではその役割が限定的です。

先ほども見てきたように、憲法9条は本来の意味とはかけ離れていますし、これまでも自衛隊を派遣するのに解釈を繰り返してきました。

最近では、2014年の集団的自衛権の行使も解釈改憲によって、行われました。

解釈は時として便利ですが、その時の総理大臣によって解釈が変わるため、怖いですよね。

だからこそ、しっかりと憲法を改正して、権力者による解釈を限定するために、改正すべきとも言えます。

(2) 日本人が海外で紛争に巻き込まれたときに救出できない

代表的なものとして、2013年のアルジェリアの人質事件がありました。

自衛隊が対応できるのは、人の輸送に限定されたため、当時は議論を呼びました。

また、救出の際には様々な条件があったため、なかなか上手くいきません。

そのため、しっかりと憲法9条を改正して、その時に自衛隊のやることを明文化してべきだという主張があります。

終わりに

憲法9条の改正を巡っては、賛否両論の多くがあります。

今回のブログでは書ききれないメリット・デメリットもあります。

大事なのは、最低限に必要な情報を仕入れて、そこからさらに自分で理解を深め、色々な人と議論することではないでしょうか?

時として、このようなデリケートの問題には、罵詈雑言がいきかいますが、どちらが正しいと結論づけるのではなく、冷静に議論していきたいですね。

集団的自衛権はことらからどうぞ!

集団的自衛権とは!? その内容とメリット・デメリットをわかりやすく解説する!

 

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください