来年上陸のビヨンドバーガー(Beyond burger )って何!? 味はどんな感じで、ダイエット効果はあるの?

ど~も、こんにちは、管理人のケイです。

近年、欧米ではビーガン(絶対菜食主義者)やベジタリアンが、増えてきているのを知っていますか?

健康や美容のためだったり、人間が何かを食べる際に動物を犠牲にしたくない、など増加の原因は様々あるそうです。

しかし、このような人たちも肉は食べないけど、「お肉のような食感を楽しみたい」と思い、作られたのが、今回紹介するビヨンド・バーガーになっています。

今回は、ビヨンド・バーガーってどんな食べ物で、味やダイエット効果についても考えました。

ビヨンド・バーガーって何!?

ビヨンド・バーガー(Beyond Burger)とは、「未来のハンバーガー」、「従来の枠を超えたハンバーガー」と訳されます。

ベジタリアンが増えている中で、アメリカのサベージという会社が開発しました。

この会社は、ビヨンド・ミート「未来の肉」を作り、それが米国・日本でも注目を浴びています。

実際にアメリカの西海岸では大ブーム!

徐々に全米で拡大しており、現在では100店舗以上までになっています。

なお、この会社にはビル・ゲイツ財団やタイソン・フーズ社などの超有名な会社や、俳優のレオナルド・ディカプリオ氏が多くのお金を出資しています。

また、日本の三井物産も出資したとされています。

では、このビヨンド・バーガーにはどんな成分が含まれているのでしょうか?

ビヨンド・バーガーはどんな成分なの?

先ほど、「未来の肉」と書きましたが、成分は大体このようなものが含まれるとされています・

肉は、エンドウ豆から作られたタンパク質で主に作られています。

肉汁には、ひまわり油、ココナッツオイル、果物・野菜ジュースが含まれています。

食感は、アラビアガムで作られています。

肉の色を再現するのには、ビーツを入れています。

原材料に「エンドウ豆」がありますが、日本の大豆分離タンパクと同様の物です。

また、大豆分離タンパクは一部の学者には、大豆が危険というひともいます。

しかし、エンドウの分離タンパクは、植物性エストロゲンが含まれいないため、さらに健康に配慮しているのも注目を浴びている一因なんですね。

実際の見た目や味はどうなっているの!?

 

引用;WAlt Disney World Today

この画像を見てわかる通り、普通のハンバーガーとは全く変わりませんね。

ビヨンド・バーガーは、『池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース』で未来のお肉というかたちで紹介されました。

その時の芸能人の方々の、感想は以下の通りになっています。

ー お肉の味がしっかりしていて、非常に食べやすい

ー 少しさっぱりしていて、脂っぽくない

ー ジューシーな感じがする

と感想を述べていました。

地元のアメリカ人も健康のために食べているという感想もありました。

健康やダイエット効果はどのくらいあるの!?

一般的な、牛肉は大変美味しいのですが、食べ過ぎてしまうと肥満に繋がってしまいます。

また、発がん性物質が含まれていたり、糖尿病の危険性もあります。

では、ビヨンド・ミートはどうなのでしょうか?

結論的に言ってしまえば、健康食にはおすすめだが、ダイエットにはあまり効果がない!

健康食としては、先ほども紹介したように、エンドウ豆からのタンパク質、ひまわり油、ココナッツオイル、果物・野菜ジュース、アラビアガム、ビーツなどの成分のため、健康に配慮されています。

サベージの社長自身がビーガン(絶対菜食主義者)のため、健康には気を使っているわけですね。

一方で、ビヨンド・バーガーのカロリーや脂質は、普通のハンバーガーとは変わらず、ダイエットの効果はあまりないとされています。

終わりに

来年に日本に上陸とされるビヨンドバーガーは、現地で600円から1000円ほどとされています。

一般的なハンバーガーよりも少々高いですが、日本にも増えつつあるベジタリアンにとっては朗報ですよね。

どこに店舗が出されるかはまだ未定とのことですが、私も一度は味わいたいと思っています。

この記事をSNSで絶対にシェアしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください